個人輸入でできるAGA治療方法【総まとめ】

ハゲ・薄毛で悩んでいる方は、デュタステリドやミノキシジルという有効成分がAGA治療に効果的だと一度は聞いたことがあると思います。当サイトでは、これらの治療薬を個人輸入で購入する方法、購入する際のサイトの信頼性など、AGA治療に関する知識をふまえてお伝えします。

なぜ個人輸入なのか?

AGAを治療する場合、クリニックを受診しようか検討する人も多いかと思います。只、クリニックで治療する場合、毎月少なくとも1万円以上、平均2~3万円ほど治療費が継続的に必要になってきます。

一般的なサラリーマンや学生にとっては経済的な負担がかなり大きくなってしまいます。

効果・成分の同じ薬をオオサカ堂などの個人輸入代行サイトで購入する場合、商品にもよりますが、1/5程度の価格で購入することができるので、個人輸入を利用しようと思う人も多いはずです。

しかし、通販で購入する場合、薬が本物かどうか、安全なのか、心配する声も多く聞きます。

このサイトでは安全に個人輸入を利用する方法を紹介します。

ジェネリック医薬品はたいていインドで作られている

まず、個人輸入を利用する人に知っといて欲しいことは、フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジル配合のジェネリック医薬品はインドの製薬会社で製造されていることです。

インドでは医薬品の開発における「特許」がほかの国と比べて特殊で、同じ成分でも製造法が違っていれば、特許期間内であってもジェネリックの開発が可能になっています。

このような事情からインドにはジェネリック開発の製薬会社が集まっており、ザガーロやプロペシアのジェネリックの開発が可能になっています。

オオサカ堂は信頼できる

個人輸入代行サイトはいくつもありますが、医薬品の個人輸入の実績が20年以上あるオオサカ堂では、偽物はまずないと思います。オオサカ堂の各商品の購入ページでは成分鑑定書を見ることもできます。

1.DHTを抑制し抜け毛の原因をなくす

AGA治療において最優先に行うべきことはAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制することです。DHTの量は遺伝的に体質によって決まりますが薬で抑制することができます。

このDHTを抑制する薬にはフィナステリド成分配合のものとデュタステリド成分配合のものがあります。一般的にデュタステリド成分の方が効果を発揮しやすいとされていますが、フィナステリド成分でも十分にDHTの量を抑制することができます。

フィナステリドとデュタステリドそれぞれの成分配合のおすすめのジェネリック薬を紹介します。

フィナステリド成分配合のジェネリック  ・フィナロイド ・フィンペシア
デュタステリド成分配合のジェネリック ・アボダート ・デュプロスト
薬以外にもできるDHT抑制の方法はこちら⇒DHTを抑制する方法6選

2.ミノキシジル成分で発毛を促進する

フィナステリドやデュタステリドでDHTを抑制したら、次はミノキシジルで発毛を促進しましょう。

フィナステリドやデュタステリドそのもの自体には発毛の効果はありませんので、ミノキシジルと併用することで、効果を実感するための期間を短くすることができるでしょう。

ミノキシジルには内服薬と外用薬がありますがメリットデメリットを解説します。

ミノキシジル内服薬(ミノタブ)

ミノタブ

・ミノタブのメリット

体内から血流に乗って成分が運ばれるため、効果を実感しやすい
外用薬でよくある、ベタつきや匂いを気にしなくて良い
外用薬と比較して安い

・ミノタブのデメリット

全身に成分が行き渡るので副作用がでやすい(むくみなど)
ミノタブの詳しい解説ページはこちら⇒ミノタブの効果と気になる副作用は?徹底レビュー

ミノキシジル外用薬(フォリックス)

フォリックス

・フォリックスのメリット

内服薬に比べて深刻な副作用がでにくい
内服薬の副作用の一つである多毛症などが発生しない

・フォリックスのデメリット

効果はすぐには実感しにくい
ミノタブと比べて価格が高い
直接塗るのでベタつきを感じやすい
フォリックスの詳しい解説ページはこちら⇒【完全網羅】フォリックスの全種類の効果と口コミ

タイトルとURLをコピーしました